軌道調査・技術事業部 小松 久志

立ち止まることなく歩く

軌道調査・技術事業部
小松 久志(こまつ ひさし)
2007年度入社

レールの上を歩み始める

大学時代は建設システム工学科に在籍しており、土質を専攻しておりました。就職のきっかけは当時、別会社から出向で来られていた方が、私と同じ大学の出身でありその繋がりで求人票がきたことが会社に入社するきっかけとなりました。鉄道に対する漠然としてイメージしかなく、どのような仕事をしているのか分かりませんでした。調べていく内にとてもやりがいのある仕事だと感じました。入社した当時は、まだ鉄道に対する知識もなく、必死に先輩の話していることのメモをとり仕事に取り組んでいきました。

仲間と共に歩み始める

現在私は、軌道調査・技術事業部に所属しております。この事業部においては軌道設計、各種解析、応力測定、環境測定等の業務内容の仕事をしております。私はその中で主に軌道の設計、応力測定関係の業務に携わっています。軌道の設計作業というのは、線路に新たに敷設する軌道の提案、設計を行う作業であります。作業は第一に顧客が何を求めているかよく確認して、図面に反映して設計を行うものであり非常にやりがいのあるものです。また、応力測定作業というのは、列車のスピードアップに伴う安全性の確認のための測定、研究開発に伴 う基礎データ取得のため作業です。基本的には設計及び測定関係にしても一人で仕事をするわけでもなく、グループで仕事をしていくので非常にコミュニケーションが重要だと思います。

未来に向かって歩み始める

私は入社した当時は鉄道については何もわからない状態でしたが、日々の業務を通じて、経験を得て成長していけると感じます。どの仕事でも共通していることとは思いますが、仕事をしていく上で、とても私が大事だと感じることはよくメモをとる、よく打ち合わせをする、わからないことをしっかりと聞く、ホウレンソウ(報告連絡相談)することが仕事をしていくうえでとても大事だと思います。

ページトップへ