検測事業部 東京検測支店 丸鶴 寿也

初心を忘れずに日々学ぶことで
自分自身の成長にも繋がり
会社への貢献にも繋がる。

検測事業部 東京検測支店
丸鶴 寿也(まるつる かずや)
2014年度入社

入社してから

私は大学卒業後の平成26年度に入社し、今年で3年目となります。入社後は東京本社の検測事業部に配属され、現在まで新幹線及び在来線軌道検測車、モノレール桁変位測定、在来線レール探傷車など、様々な検査車両に乗務し業務を行っています。
私の中で、鉄道といえば駅員と運転士ぐらいしかイメージがありませんでしたが、検測を専門に行なっているこの会社を知って興味を持ち始めました。
入社後暫くは、いままで聞いたことも無い鉄道用語やルールなどを覚える事が多くあり、必死でしたが、大勢のお客さまを目的地まで安全に運ぶ仕事でもあるので精一杯頑張っています。

日々の業務

私の主な業務のひとつとして、電気軌道総合検測車があります。在来線電気軌道総合検測車では、線路の軌道変位を主に検査し、日々の列車運行に支障がないか線路状態を細かくチェックしています。また、新幹線では北陸・北海道新幹線が開通したこともあり、自分がその仕事に関わっていることにやりがいを感じることもできます。しかしその反面、鉄道はとても奥が深くまだまだ分からない事や難しい事もたくさんあります。働き始めた頃は、不安が入り交じりながら勉強をして仕事に励んでいた記憶があります。その初心を忘れずに、仕事をしていくことが重要だと思います。

コミュニケーションを大切に

入社をして日々の業務をこなしていくうちに、コミュニケーションを取ることがとても大切だと感じています。私たちの仕事は、数名がチームになって行うこともあり聞き間違いや意思の疎通がうまくいかないと大きな事故につながる原因にもなるので、人と人との関わりがとても重要になってきます。知識以上にまずは人間性やコミュニケーションを大事にして欲しいと思います。
決して仕事は楽ではありませんが、その分だけ達成感もありますし、自分自身の成長にもつながります。これからも覚えることもたくさんありますが、非常に楽しくやりがいのある仕事だと思います。

ページトップへ