経営理念・行動指針

経営理念

当社は、卓越した総合線路技術により、
安全で快適な線路造り・社会インフラの創造に
貢献いたします。

行動指針

私たち(株)日本線路技術は、「経営理念」に基づき、安全で高品質な技術とサービスをお客様に提供することに努め、法令はもとより、広く社会の規範・倫理を遵守、尊重します。また、誠実で公正な企業活動を通じて「社会的責任」を果たし、お客様や従業員、地域社会をはじめとするすべてのステークホルダー(関係者)から信頼される経営に努めます。こうした活動によって、私たちが社会と共に「持続的な成長」をし、「企業価値」の更なる向上を目指すにあたり、(株)日本線路技術のすべての役員および従業員が遵守すべき「行動指針」をここに定めます。

(1)お客様の満足と信頼の確保

私たちは、お客様や社会のニーズを正しく把握し、安全で高品質な技術とサービスを提供することにより、お客様をはじめとするすべてのステークホルダーの満足と信頼の確保に努めます。

(2)安全施工の徹底と安全で働きやすい職場環境作り

私たちは、「安全は全てに優先する」という経営の最優先事項のもと、社員が一丸となって安全作業を徹底し、重大事故防止のため、あらゆる手段を講じ、「究極の安全」を目指します。その為に、従業員一人ひとりの人格と個性を尊重しつつ、個々の能力が十分に発揮でき、創意と活力に満ちた職場風土の醸成に努め、安全で働きやすい環境を確保します。

(3)法令等の遵守と自由な競争および公正な取引

私たちは、法令、社会の規範・倫理を遵守し、誠実かつ適切に行動するとともに、公正、透明、自由な競争と適正な取引に努めます。

(4)環境への配慮

私たちは、資源・自然環境を大切にするとともに、環境問題の解決に資する技術・サービスの提供を図り、企業活動を通して環境の保全および共生に努めます。

(5)社会ルール・常識の遵守

私たちは、市民社会の秩序・ルールに則った行動を実践します。そのためにも社会人として相応しい服装・言葉使いをいたします。また、私たちは、海外事業において、国際ルールや現地の法律の遵守はもとより、現地の文化や慣習を尊重し、その発展に貢献するよう努めます。

ページトップへ